スキャリティとDellがデジタルビジネスに最適なペタバイトクラスのSDSソリューションも共同開発

Scality RINGソフトウェアを組み込んだDellによる専用システムにより、デジタル時代に即したエンタープライズ向けのフレキシブルなスケールアウト型ストレージを提供します。

english / french / japanese / german

San Francisco, CA –2016419 SDSのリーダー企業の一社であるスキャリティ(Scality)は本日、Dellとの共同開発による、オブジェクト型アーキテクチャ対応スキャリティRINGファイル専用高密度ストレージサーバDell SD7000-Sを発表いたしました。

Scality RINGとDellシステムを組み合わせた大容量Dell SD7000-S は、大規模ファイルやオブジェクトストレージ要件に理想的なソリューションです。数ペタバイト、数十億のオブジェクトに対応し、ほぼリニアな性能拡張性を誇る、Scality RINGの搭載SD7000-Sであれば、システム統合、構築、保守サポートにシングルソースで対応することができます。この超高密度ストレージサーバのメリットには

– データセンタの消費電力、空調、ラックスペース要件の軽減

– 高効率なシステム構築

– RINGストレージの展開・管理に必要なハードウエアの削減

等が挙げられます。

Dellストレージ事業部エグゼクティブディレクターのTravis Vigil氏は、以下のように語ります。

「Dellの業界で最も包括的なSDSポートフォリオに、個々の案件に即した各種オプション、イノベーション、そして弊社のグローバルサポートサービスを組み合わせたトータルソリューションをご提供します。一方、スキャリティはDellに対して、共通のカスタマにデータの可用性、無停止アップグレード、数十ペタバイトにも対応するリニアな拡張性を提供します。この新型DellストレージSD7000-SはスキャリティRINGに最適化されており、実績豊富な当社技術を用いているため、見込みによる作業を排除し、迅速にシステムを構築し、本番環境に移行することができるようになります。」

ScalityとDellはこれまでも、マネージドサービスプロバイダ、省庁・自治体、メディア・エンターテイメント等の顧客向けにSDS基盤を共同構築し、オブジェクトストレージの活用により、経済性や拡張性の向上を促進し、フレキシブルなデータ保護をご提供してまいりました。今回発表のScality RINGとDellシステムを組み合わせたDell SD7000-Sは大規模環境向けです。スキャリティとDellの強化、拡張された提携関係によって、高性能、データ保護、マルチプロトコル対応データアクセス、プロダクトライフサイクル管理などの、両社の利点をご活用頂けます。

スキャリティ社プレジデント兼COOのアーワン・メナードは以下のように語ります。

「Dellハードウエア上でのスキャリティRINGの構築、増設を検討しているカスタマにとって、専用のソリューションが購入可能となったのです。DellのSD7000-Sファイル・オブジェクトストーレジサーバはペタバイト級のワークロードを対象に性能が最適化されています。Dellとの緊密な関係により、共通カスタマにはITのシンプル化、トータルコストの削減、インフラ効率の向上というメリットを実現することができます。」

世界第2位のサーバーメーカー(IDC’s Quarterly Server Tracker調査)であるDellとの今回の提携は、この18か月に行われた新規顧客、流通契約、グローバル再販契約を含む事業戦略の一環です。これまでもDellは、Dell PowerEdgeサーバー、Dellストレージ、Dellネットワークポートフォリオ上にスキャリティRINGソリューションを構築してきました。Dellとの提携関係についてはScality.com/Partners/Dell に詳細情報が提供されています。

スキャリティのSDSは、Scality RINGトライアルプログラムにて無償でお試し頂けます。無償トライアルをご希望の方はScality.com/dell-trial/ からご登録ください。

スキャリティ社について:

世界に5億人のユーザを有するスキャリティは情報化時代におけるSDSのリーダーです。またScality RINGは、比類なき性能と100%の信頼性を誇るストレージで、クラウドサービスや高精細ビデオ、エンタープライズアーカイブ等の高容量ワークロードに最適なソリューションです。Scality RINGは、HP、Dell、シスコ、スーパーマイクロ、シーゲイト等Linux搭載の標準x86サーバに対応しており、ファイル、オブジェクト、OpenStackアプリケーション用の大容量ストレージプールを構築できます。Scality RINGは、オブジェクトストーレジ・アーキテクチャを採用しており、エクサバイト級のデータ、兆を超えるファイル数にも対応できる拡張性を有しており、大手通信キャリア20社中7社、ペタバイト級クラウドサービス、グローバル2000にランクされるエンタープライズ各社が採用しています。サンフランシスコに本社を構えるスキャリティは世界各地で事業を展開しています。

Scality RINGオンラインはhttp://www.scality.com/free から、またメディア・エンターテイメント向けスキャリティRINGのトライアルはhttp://www.scality.com/freevideotrial からお申し込み頂けます。

追加情報については、ツイッター@scalityや弊社ウェブサイトwww.scality.com からもご確認頂けます。

広報連絡先:

Lumina Communications PR for Scality
(408) 680-0564
scality@luminapr.com

*http://www.idc.com/getdoc.jsp?containerId=prUS41076116